JSTAT

アレクサンダーテクニック教師国際提携協会

アレクサンダーテクニックへの手引き

日本におけるアレクサンダーテクニック教師

お問い合わせ

アレクサンダーテクニックへの手引き

F.M.アレクサンダーって誰?

F・マティアス・アレクサンダーは、1869年オーストラリアに生まれました。彼は、19世紀の最後10年間に そのテクニックを展開させ、1955年に86歳で亡くなるまで、イギリスとアメリカ合衆国で指導しました。 彼の生徒の中にはジョージ・バーナード・ショー、ジョン・デューイ、オルダス・ハクスリーらがいます。

レッスンはどのようなものですか?

アレクサンダーテクニーク教師は生徒の日常生活における動き:たとえば歩く、座る、かがむ、手を伸ばして何かを取る、ものを 持ち上げる、などの動作のパターンをまず分析します。 教師が非常にデリケートな手のタッチとことばによる指図で指導するとき、 生徒は、筋肉の過度な緊張をつきとめ、取り除くことにより、間違いのある癖を、よりよい筋肉整合に取りかえるようになります。

アレクサンダーテクニークは、どういうことを成し遂げられますか?

一連のレッスンの後、生徒は、自分の姿勢・動きの習慣がどのように改善されたか示されます。この結果として、 一般に、動きの非常な容易さと自由さ、より大きなエネルギーが生じます。場合によっては、アレクサンダーテクニークは、姿勢状態への 圧力によって引き起こされていた痛みを軽減するのを助けることもできます。アレクサンダーテクニークとともに、
人々は:
より背が高く、軽やかに、良い表情に見えます。
より多くの自信、活気、健やかさを感じます。
より効果的に、建設的な反応をします。
より少ない負担をもって、より高いレベルで演奏します。
より大きなコントロールのしやすさと柔軟性を持って、動きます。
自己をよりよく知り、自身をより信頼することを学びます。
喜び、ゆとり、創造性を発見します。

誰がアレクサンダーテクニークを学ぶ対象となりますか?

姿勢や動きの中での体の使い方がよくない、あるいは自由でない、と感じている人なら誰でもあてはまります。
歯科医、大工、コンピューターを操作する仕事、子育て中の母親など、非能率的な身体的習慣を引き起こしがちな職業についている人、
俳優、ダンサー、音楽家、歌手、運動競技者など、最大限に能率的で、楽に身体を使わなければならない人、
痛みと疲労を生じるような間違った体の使い方を強化してきたことにより、身体的な問題を持つ人

アレクサンダーテクニ―クはどのように教えられていますか?

アレクサンダーテクニックのレッスンは、高度なトレーニングを受けた教師から生徒へ、ワンツーマンの一連のレッスンで、個別の基盤によって教えられています。テクニックはたいていの場合、個人レッスンで提供され、教師は、生徒の個々のニーズに合わせ、熟練した指導をおこないます。

アレクサンダーテクニーク個人レッスン

“そこには、我々が身体教育に求めていたすべてのもの;不適応による緊張からの解放、その結果として起こる身体・精神の健康改善;意志によって提唱される目的を達成するための、身体的手段への意識の増加、そして、それに伴いすべてのレベルにおける意識の、全般的な高まり、が、あります。”− オルダス・ハクスリー
レッスンは個別でおこなわれ、普通3045分の長さです。レッスン回数は人によって様々に必要とされるので、教師と直接話し合うのが1番良いでしょう。
日本におけるアレクサンダーテクニックのレッスン、ワークショップ、教師養成/教師研修を、予約するためには、
JSTAT
教師リスト の各教師に直接連絡、あるいは
JSTAT
のオフィスまで、電話: 075-582-6780 あるいは Eメール: info@jstat.jp でお問い合わせください。

Copyright(c) since 2002 JSTAT Japan Solidarity of Teachers of the Alexander Technique. All Rights Reserved